育毛剤 効果

抗酸化作用と育毛の関係

人間の細胞というのは、金属がさびていくように、加齢と共に錆びていってしまいます。
それは髪の毛にも言えることです。
年齢と共に髪の毛の量が少なくなったり、ツヤがなくなる、白髪が増えるというのも、錆びと深いつながりがあります。

 

この、体内に酸素を取り込む過程で一部の酸素が「活性酸素」に変化し、血管や細胞を傷つけて身体の内側を酸化させ、老化させてしまう現象を酸化といいます。
頭皮の皮脂に酸化が進むと、毛乳頭や毛母細胞の働きが鈍くなり、毛が抜けやすくなってしまいます。

 

抗酸化作用は、この酸化を抑える働きをします。つまりエイジングケア効果。
頭皮のエイジングケアは、発毛・育毛に大切な働きをします。