育毛剤・効果

抗炎症・消炎効果と育毛の関係

育毛効果にとって、抗炎症作用、消炎作用は育毛効果をより高めるために大切な働きがあります。

 

頭皮の炎症を抑え、炎症を鎮めるために、育毛剤に配合されていることが多い抗炎症・消炎成分。

 

頭皮は、様々な外部刺激によって、気づかないうちにダメージを受けています。
自分では見にくい部分なので、気が付きにくいものですが、頭皮の乾燥によって炎症が起きていることが多くあります。
また、頭皮の皮脂分泌が過剰だと、皮脂をエサに菌が繁殖しやすくなり、フケや頭皮の炎症を引き起こしています。
皮脂の過剰分泌による頭皮ニキビなどによって痒みや痛みを伴い、掻いてしまい、さらに炎症が進んでしまい、毛穴奥の毛母細胞の働きを鈍くし、薄毛を進行させることにもつながります。

 

また、頭皮環境が荒れたままの状態だと、せっかくの育毛剤の成分もちゃんと吸収できなくなってしまいます。

 

抗炎症効果、消炎効果によって、炎症を抑えることにより、頭皮環境を正常な状態に導いてくれます。